民主共和国臨時政府執務室

Willkommen im Büro der Provisorischen Regierung der Demokratische Republik!

服飾と官能、またはバタイユとの格闘(une bataille avec Bataille)












あなたは知らないのか、聞いたことはないのか。
主は、とこしえにいます神
地の果てに及ぶすべてのものの造り主。
倦むことなく、疲れることなく
その英知は究めがたい。


イザヤ書 40:28






本屋で聖書検定なるクソの役にも立たない検定の「公式テキスト」を見つけた。古典ヘブライ語と古典ギリシア語のテキストだ。確かに非常に興味深い。これも神の御導きか、興味深いので買ってしまいそうになるがその伸びかけた手を必死に引っ込める。お小遣いがない。教会スラヴ語もやりたいし。そんなこんなでその日は『現代思想』だけ買って帰った。





聖書のストーリーをつぶさに観察すると、「シンギュラリティ」を迎えたAIが創造主たる人間に対してどう振る舞うかが大体わかる。旧約・新約で神、あるいは「主」に対するイメージは180度変化しているしこのような新約の神を騙ったイエスは偽預言者だと超正統派の黒ひげ黒スーツのおじちゃんたちはここ数百年間ブチギレているということは有名だが、これも単に「管理人」が入れ替わっただけ、あるいはAIにも人格を認めるとか云々の法律ができただけと考えてもおかしくはない。自我を持ったAIがいても洪水と称してサーバーを水没させたらそれはそれでえらいことになる。




これまで人間が愚かにも自らの本質と思い込んできた「理性」は意外と簡単に人間の手で創造できるものだった。「理性」は全くもって人間を人間たらしめるもの、それも原罪を背負ってまで引き受ける価値のあるものではなかったといえる。人間とはただの葦である。このか弱い肉塊人間なのだ。


主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった。


‭‭創世記‬ ‭2‬:‭7‬


そのか弱い肉塊、「賢き人間Homo Sapiens」などと自称する愚かな肉塊がリンゴを齧った程度で得られる知恵を絞って自己を周囲の「物自体」から隔離することは、人間にとって最も根源的な自己同一性を獲得するための「賢き」行動であると言える。アマゾンの奥地だの北センチネル島だのといった熱帯の未接触部族が裸族に見えることはあっても、完全に素っ裸ということはほとんどないはずだ。南極程近くに居住していたヤーガン族ですら、衣服を着る文明は無くとも首飾りをし動物性油脂を身体に纏った。寒くても服を着ずに生きていくことはできる。スペイン人に見つかるまでは。
つまり、人間は生物としてのホメオスタシスのために服を着るのではない。専ら社会的な識別子として服を着る。衣服でなくても何かしらのアクセサリー類やボディーペイントを身につける。これらの行為も広義の「服飾」に入る。「飾」って字も入ってるし。ともかく、これらの飾りでもって「物自体」から自らを隔離しなければ、圧倒的な暴力性をもつ「物自体」の中において人間は生きていけない。ただのたる人間は周りの「物自体」に同化しないでいるので精一杯だ。

とすれば、ある人の纏う布の量が多ければ多いほど、すなわち「物自体」とその人の距離が遠ければ遠いほどほどその人の人としての自我、すなわち生命力が強いということを暗示的に示していると仮定できる。身分が高い人、つまりはより社会的に生きている必要があるとみなされる人は着るのに人手が必要で着たら最後動けなくなるほどの布を身体に巻き付けることが往々にしてある。






ここで服飾と生命の関係を再考しよう。服はホメオスタシス、生命の維持に使うものではないと述べた。残っている機能は生命の生産つまりはセックスの触媒である。着飾っている、「物自体」から隔離されている生命力は「禁止されているもの」である。この禁止が大きければ大きいほど、これを奪い去るときすなわち服を脱がすときにめちゃくちゃ勃起するのである。

服を見て興奮する個体であることが遺伝子の保存に有利だったのだ。





ドンキで女子高生の制服のコスプレが売れるのは、現実の女子高生には手を出せないからである。女の喪服が一番エロいのは死んだ人間の前において最も生命を感じさせるから、つまりは禁止されているからである。












ここまで性差別的なクソヤバいことを書いているが、単にバタイユの焼き直しである。
誓って(誰に?聖なるものに?申し上げたいのは、ぼくはこの文章を他人から剽窃して書いているわけでは決してない。ただ知らぬ間に、ぼくの敬愛する人類史上最も偉大な変態オヤジことバタイユ先生のモノマネをしてしまっているだけなのだ。

バタイユ先生なら喪服の話で上下巻を書いてくれるに違いない。







筑摩書房 エロティシズム / ジョルジュ・バタイユ 著, 酒井 健 著







冒頭お小遣いがないと述べたのは、この本を含めて著作を16冊も買ったからである。解説書を含めるとそれだけで本棚の一区画が埋め立てられる。まだほとんど読み切っていない。文学研究科でもないただの一人間が趣味で集めたにしては立派なものだと思う。この本も一部だけ、それもこの文章を書き始めてから読み始めた。読み始めた段階でこの文章に書いたことが全部載ってたので打ち切った次第である。そもそも本を読む時間をつくるため一刻も早く資本主義制度を粉砕すべきなのだ。たぶん。


本屋に行っても最近購買意欲がようやく減退してきたことを自覚する。バタイユだけじゃない。サルトルシオランも本棚の影から恨めしそうな目線を送ってくる。でも腹は減る。部活終わりのJKが家系ラーメンを食っていた。まだ人類は大丈夫だと思った。






剣に貫かれて死んだ者は
飢えに貫かれた者より幸いだ
刺し貫かれて血を流す方が
畑の実りを失うよりも幸いだ


‭‭哀歌‬ ‭4‬:‭9‬

人類永劫の平和の為に


平和を実現するのは難しい。地球上に平和を実現するにはどうすれはよいのか。文明の一才合切を放棄するのがよい。



人類が最も簡単に和合団結するには、外に「攻めてくる敵」を作ることが人類の習性を鑑みるに最も容易である。人類の外の敵とは宇宙人である。宇宙人は地球人の発する電波を頼りに地球にやってくる。そこで、地球人は敢えて文明が滅んだフリをして宇宙人を誘い込んで殲滅するのである。


そのために、まず地球人は文明を放棄する必要があるのである。

汚染




ぼくはまさに今死にゆく肉塊、つまりこの瞬間も腐っている蛋白質に縛り付けられている。この肉塊の中にはウンコ、己の意思で摂取しておきながらそれを外に出す際には罵倒語として認知される概念が詰まっている。
そしてぼくは、そのウンコの素から分子を吸い取ったヘモグロビンが瞼の裏を横切るのをまざまざと見る。朽ち果てた飯の成れの果てがヘモグロビンに乗ってぼくの意識の目の前に表出する。


いや、これは間違いだ。むしろ「腐っていくこと」がぼくの意識であり、経口した物質にウンコ性を付与することがぼくの実存なのだ。ぼくの身体を切り刻めば、その切り口という切り口から赤いウンコが吹き出す。その血便で敵戦闘員を汚染してやるんだ。武装集団はぼくを処刑して切り刻んで晒すだろう。だがぼくはその瞬間勝利するのだ。神は死んだ!死ね!死は偉大なり!

泣きました ぼくは無神論者でアナキストで反出生主義です













①ふじさんろくにおうむなく






嘔吐 新訳 - 株式会社 人文書院





あれは確か中学時代のこと(たびたび中学時代の話を持ち出すのはそこ以外の人生に栄光がなかったからと言えるのだが)。

中学生の夏休みとは人生でもっとも暇で楽しい瞬間である。親という存在にとって最大の負担たる夏休み期間に少しでも親孝行をしようと企んだぼくは、ある日市民の血税でもって冷房をガンガンにかけてくれる図書館に引き篭もることにした。偶然にも、小学校の間数年だけ同じクラスだったやつも「tiredってなんて読むんだっけ?タイレッド?」など大声で喚きながら夏休みの宿題をしている。地獄の中学受験を潜り抜けたぼくはあんなバカ共とは格が違うんだ。そんなんで高校行けるのか。そう思いながらぼくは次の「倫理」なる科目のテストで実存主義の範囲だけ満点を取る」というバカな目標を立て日々勉学に勤しんだ、というか宿題の山と対峙した。


そんなこんなで宿題に手を付けつつ、集中が30分ともたないぼくはすぐに立ち上がって書棚をウロウロし始める。そして、授業で習った覚えのあるなんだかとんでもなく奇妙なタイトルの本を見つけ、手にとって5行読んで戻した(嘔吐だけに)




それから数年過ぎ、新訳と銘打ってあったので某市の丸善でこれを買い、20ページくらいまでは読めた。
歳を重ねれば忍耐力はつくものである。












②なぜファシストの書く文章は面白くないのか




ルーマニアの変容 | 法政大学出版局



上記の2冊はぼくの本棚の「割と邪魔な位置」を長期に渡って占め続けている。
特にこれは本当に面白くない。適当に入ったボロい居酒屋で店主に絡んでいる、夕方から呑んでいるジジイに絡まれた時くらい面白くない。


「なぜ面白くないのか」は理由を答えるための問いかけではない。単に呆れているだけだ。





そういえばナチ公も最初の集会はビアホールでやっている。その程度ってことだ。









③産むな、増えるな、地より失せよ



新共同訳 - 日本聖書協会ホームページ


これの前の版をブックオフで買った。聖書を古本屋に出したら棄教なのでは?
ともかく、その付箋までついた古聖書を買った。流石に読めてない。読めないついでに資本論の横に並べてある。

a present

プライベートで人生の区切りがついたタイミングなので、現段階で自分の脳みそに浮遊していることがらを文章として書き出しておく。







Amazing Grace









ぼくはアメイジング・グレイスという曲が「嫌いではない」。メディアの効果で割と世間にも知られた曲であるし、短いので旋律も覚えやすい。とある北方の湖畔で少年の時分に買った、赤い屋根の家の形をしたオルゴールもこの曲を奏でてくれる。この湖畔に労働者として舞い戻ることになるとは当時想像もしていなかった。そんな少年時代のぼくもその曲が「嫌いではなかった」。このオルゴールは娘ができたら嫁入りの時にでも持たせてやりたい。





「嫌いではない」のには理由がある。この曲はぼくにとって、無意識下において強烈に死と結びついているからである。死が好きなのは他に好きなものもない自殺志願者くらいのもので、ぼくには一応この記事を書こうとするくらいの希望はある。つまり、ぼくはこの曲を好きとは言わないわけだ。






問題は「なぜこの曲が『死』の概念と関連付けられているのか」ということだった。



本田美奈子.である。彼女の作品中最も鮮烈な印象を残したものが、この曲の独唱だった。死の数ヶ月前に病院で録音された音源を、公共広告機構骨髄バンクへの登録呼びかけに使ったのである。どんな番組で流していたかまでは記憶していないが、当時アイドルの存在も理解せずウビャウビャと喚き散らかしていたぼくでもCMの存在を無意識のうちに記憶していたということは、放送されていたのは深夜帯や昼間ではないはず。相対的に多くの受信者に音楽が届けられたといっていい。
そしてそのひょろひょろとした女声の独唱と真っ黒な背景の映像は、「生」を享受する少年のぼくに強烈なを意識させることに成功したのである。






もっとも、この歌は奴隷船の乗組員が嵐に巻き込まれ回心したとかなんとか、という歌である。当時は当然そんなことは知らなかったが、それにしても神ってのは都合のいい奴である。





そんなこんなで、その歌に結びついた「死」の観念と公共広告機構の不気味さというイメージを数年間漠然と抱えながら、ぼくは津波に飲み込まれる仙台平野をテレビ中継で眺めていた。





②フクシマの人々の物語





この文章を頭から全て読んでいる人か、あるいはこのブログの記事全てを精読している後世の研究者くらいしか気づいてないだろうが、ぼくは「北方の」という言葉をよく使う。この際言ってしまうが、ぼくは東北人だ。「東北という名称は畿内中心の視点に由来するものだから記紀時代以前の『日高見』に改名すべきだ」という一種の町おこし的な思想には同感であるが、変換で何度やっても出なくてクソ面倒なので東北人というアイデンティティには誇りを感じている。そして奇遇なことに学生から労働者に至るまでの数年間を東北地方で過ごすことができた。東京モンとして僻みという名の差別を受けつつ、東北の一員としての人生をある程度は謳歌していたと言ってよいだろう。




上述した「北方の湖」とは猪苗代湖である。東北にはデカめの湖がちょくちょくあるしどれも風光明媚ではあるが、なんと言っても猪苗代湖が一番である。なにしろ単純接触効果がある。









ぼくはフクシマの人間と会話をして賃金をもらっていたことがある。そう、あのフクシマだ。

忘れもしない震災の瞬間、ぼくはまだガキンチョだった。「こんなご時世にフクシマに行く人なんかいないよね」などという危険な発想でもって我が一家は会津への旅を「敢行」した。実際に観光客の姿はほとんどなく、猪苗代湖畔もすっからかんだった。他に人がいなかったのでゆっくりオルゴールを吟味できたのだ。


そこから10年以上経った。当時生まれた子も中学受験で塾通いを始める年頃だ。未だに現地で見る夕方6時のニュース番組のヘッドラインは、避難指示の解除を巡る説明会の報道である。津波で被災した村に新しくできた郵便局の話題である。常磐線の駅からの中継である。










フクシマにおいて、震災は人類史としての扱いをされていない。またはこう表現できるだろう。震災はあまりに動物的「生活」である。
未曾有の原子力災害が生み出した避難指示と山本太郎の広めた風評被害+86からのイタ電は、フクシマでは未だ消化しきれていない。








福島県連邦国家だ。猪苗代を含めた会津はそもそも震災の「直接的」被害とはほぼ関連ない。問題は中通り浜通りである。穏やかさ、裏を返せば徹底した無気力さというものもあるのかもしれない。あまりにも生活的であるので、もはや意識するのをやめてしまっているのかもしれない。諦めているのだ。東京に一番近く労働力や資源の供給源として搾取され、「東北の2番手」を自負する割に速達列車は停まらず、挙句には年1でデカい地震か台風か、あるいはその両方がやってくる。





彼らは、今を生きていく。今しか生きる場所がないのだから。そうやって、今日もパチンコ屋に繰り出す。








ぼくは演説のためフクシマに立つ山本太郎を1メートルくらいの至近距離で見たことがある。オーラをなにひとつ感じなかった。だが政治に携わる人間とは本来オーラを出していてはいけないのかもしれない。そう思い、銃撃するのはやめておいた。







③あゝ、マジで無情







今日も今日とて世界最速の水平エレベーターは元気に浜名湖を駆け抜ける。






新幹線というものは便利だ。バルカン半島だったら別の国になりそうなくらい文化の違う都市圏を、一眠りする暇もない間で行き来できる。そんなものができてもう60年だ。これに関してだけは戦前のこの国に感謝したい。大陸進出のためとはいえよくもこれほどの計画を考えたものだ。










ここまで民族主義的なことを書きすぎたので中和しよう。ぼくはこの国の人口は多すぎると思っている。面積も経済規模もほぼ同じ現代ドイツは人口8,300万くらいである。ドン引きするくらいのネオナチが湧いてくるくらい移民国家であるにも関わらず。
元来ドイツは農業国だ。いくら20世紀中にでほぼ半分くらいにしぼんだとはいえ、圧倒的に農業国である。当然ながら耕作面積は日本の方が圧倒的に小さい。なんてったって、そもそも彼らはもともと黒パンとソーセージとザワークラウトがあれば戦えるのだ。19世紀ごろのライ麦の生産性はヨーロッパ随一だ。そんな農業国ドイツで8,300万を養うのがギリギリである。というかほぼ無理。そんなこんなでウクライナに大量のレオパルドを送りつけているのである。

何が言いたいかといえば、ぼくは東京一極集中も別に悪くないと思っている。幸いこの列島は新幹線含め無駄じゃねぇかってくらいインフラが発達している。人口が希薄になってしまった遠隔地で大規模に農業生産をしても、十分にペイできると思う。そうやって農村でコミューン的自治を行えば完璧である。都市の空気は自由にする。





そんなこんなでこの列島のインフラの中核を為している新幹線だが、これがあるのとないのでは心理的効果が段違いである。地続きで高速列車が東京に繋がっていること。数分ごとに列車がくること。数時間座ってれば東京に着くこと。同一の地平にあるという意識は東京への猛烈なバキュームとなる。地方間を移動するなら東京を経由してそれぞれの方向に移動しても時間がほぼ変わらないとなると、物価やら何やらを考慮してでも東京に住みたくなってくる。よくネットの自称御意見番が「東京に住むのは負け組!」と積極的に発信するのは、裏返しとして東京に住みたがる人間が多いことを示唆しているのだ。

そしてその効果は60年前に始まってからとどまるところを知らない。














新卒で入った会社の配属発表。新幹線のない都市に飛ばされた女はことごとく泣いていた。そんな中の1人は在来線特急という東京に帰る術を見つけ、毎週の様に東京に帰っては高そうな鮨と自撮りをインスタに載せている。彼女はトップセールスになった。

顔面採用の横行するルッキズム的業界だ。同期の女子たちはそれなりに華がある。男子校出のぼくが恥ずかしくなるくらいに。そうやって同じ会社内で結婚させ、できた子供を労働力として再生産するというのがこの業界のやり口である。反吐が出る。




ともあれ。そんな鮨と自撮りを見せつけられ、ぼくは非常に惨めである。同い年はたんまり出たボーナスで鮨食ってんのになんでオイラは19世紀ドイツの農業生産性なんかを論じているんだ。

結局、ぼくもそのルッキズム的世界観から抜け出すことができないでいる。反吐が出るとか言っておいて、インスタを開いてしまうのである。ここでスパッとSNSを辞められていたらそもそもこんなブログなど書かないのだ。


そうやって自分の無様さと醜さをスマホの反射に見る。お前は誰だ?





先日その女が夢に出てきた。死んだんで夢枕に立ったのかと思ったら違った。インスタの見過ぎだった。さて、品川を出た。












小田嶋隆『東京四次元紀行』



書籍詳細 - 東京四次元紀行|イースト・プレス











仕事終わりに職場の同期くんと酒を飲む約束をした。彼は仕事の終わりが長引いている。いつもなら先に店に入って飲んでいるのだが、それにしても終わりが遅い。面倒な客を掘り起こしたのか、はたまた事務方とトラブルを起こしたか。ぼくとは違い、彼は頑張っている。あまりにも暇なので、駅ナカの本屋に立ち寄る。所詮駅ナカなので大した品揃えではない。中高生向けのラノベかマンガばかりだろう。ぼくだって昔はそうだった。

暇なので、彼から電車に乗ったとのLINEが来るまで店内をぶらぶらすることにした。すると文芸コーナーに、どこか別の本屋で見かけた背表紙が置いてある。ふつう、書店に置いてある本の背表紙を覚えていることはまずない。それでも、タイトルの意味がイマイチ不明瞭で気になって手に取ったのを覚えていた。そのときはなにか他の哲学書かを買ったので棚に戻したはずだ。こんな駅ナカで再開するとは。これもなにかの縁かもしれない。







収録の短編群は、まるで夢を見ているような空気だった。それも起きたら忘れてしまう類の。確かに「四次元」的だ。
だが、筆者にとってもこれは夢だ。モチーフとなった出来事はあののっぺりとしたガラスとコンクリ製の都市のどこかの地平上に、確かに存在したのだと思う。しかしそれはあくまで夢のような記憶。ひとつひとつの物語は複数のモチーフが一緒になったものかもしれないし、筆者の創造かもしれない。こんな類のことを書き遺して筆者は亡くなった。これを読んで初めて知った。

この夢に出てきた人々も、ぼくと同じ東京を見ているのかもしれない。久々に降り立った東京は巨大な映画セットに見えた。









この本を買った日に彼と何軒目まで行ったか、そもそもその日に彼と一緒に飲んだかも覚えていない。記憶は大脳皮質の中の無限遠のどこかに張り付いてしまった。今や全ての夢がぼくから同じ距離、等しく無限遠の彼方にある。音楽の旋律も、雪が降る猪苗代湖の風景も、これまで接してきた人々の顔も。もう答え合わせはできなくてもいいと思った。